2012年7月12日 (木)

今はいいが・・・。

先日、ある人と穀物の先行きを話していて、

ふと、認識にズレがあることに気づいたので、書き留めておきたい。

「飼料の先行きはどうでしょうね?」

そう私が切り出して始まった、たわいのない会話なのだが、

「配合飼料は、値上げになりましたが、安定基金も出ますし」

「シカゴ相場も高騰していて、まだまだ値上げになるでしょうが、

安定基金も出ますし」

「それに、乳価も上がったことですから、問題はないでしょう」

「今、儲かっていない牧場はダメでしょ」

確かに、そうなのだろうと思う。

今、儲かっているのだから、それでいいのだろう。

しかしだ、この人のような認識がある限り、

経営に変化は起きないだろう。

異様な煽りを酪農家に与えることもないが、

5年先や10年先のことを案じた話は、けっして無駄ではないはずだ。

今よければ全て良し、おおいに結構だが、

異常に吊り上がった高価な穀物に助成をつけてもらいながら、

これまでと変わらぬ量を使いづつける業界も、

どこか異常だと思わなければならない。

ライズコンサルティングオフィス

酪農経営コンサルタント 加藤隆

2012年6月17日 (日)

削蹄の結果

顧問先牧場2件の削蹄結果を載せておきます。Ca3i00441_2

つなぎ飼いF牧場の結果(5月中旬削蹄)  ⇒

削蹄頭数 183頭

蹄底潰瘍 6頭 (前年6頭)

白帯病  0頭 (前年1頭)

ヘアリーアタック 0頭 (前年0頭)

趾皮膚炎 13頭 (前年14頭)

趾間腐乱 0頭 (前年0頭)

趾間過形成 0頭 (前年0頭)

.

.

フリーストール飼いW牧場の結果(6月初旬削蹄) Cimg1746

削蹄頭数 118頭

蹄底潰瘍 7頭 (前年4頭)

白帯病  2頭 (前年5頭)

ヘアリーアタック 0頭 (前年0頭)

趾皮膚炎 6頭 (前年4頭)

趾間腐乱 0頭 (前年0頭)

趾間過形成 0頭 (前年1頭)

2012年6月12日 (火)

顧問先牧場 F牧場

 F 牧場 (十勝)

 個体乳量 10,500kg  ⇒ 11,388kg (2012年4月)

 ※ ひとつひとつ地道に成してきたことが、相乗効果となるのです。

   自分の向かっている未来を信じて、信じた方法で進むことです。

 ※ 直近の乳検データーより ↓

Img_0213

 

 搾乳頭数 150頭 ⇒ 160頭(日平均)1

 グラス、デントコーン主体。

 乳脂肪 4.00%

 乳蛋白 3.36%

 無脂固形 8.85%

 体細胞数 9万%

 ※コメント

12

 乳質がとても良い牧場です。

 特に、

 乳房炎をなくすことを目標に、 

 出荷する体細胞数は、10万以下。

 牛は、本当にきれいですよ。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

2012年6月 6日 (水)

世界一の牧場目指して。

コンサルを受け持って1年経つ顧問先S牧場の牛たちです。

Cimg7915

Cimg7912

コンディション、生産性、繁殖性、非常に良いです。

約80頭、乳房炎にかかるものもなく、全頭出荷で体細胞数10万/ml

放牧が本格化した5月下旬から6月初旬、特に、順調です。

このまま気を抜かず行きましょう!

放牧を取り入れている牧場の多くは、夏と冬の格差が大きすぎます。

生産性もそうですが、牛のコンディションが天と地ほどの差があります。

縁あって、コンサルを受け持つことになった、ここS牧場とは、

放牧時期に向けて、厳しい冬の間の管理に最善を尽くせることは尽くしてきました。

今、その結果が出ているのだと思っています。

牛を観て、あらゆることのバランスを取るために、修正をすることが重要です。

牛に任せている、と、多くの人は語りますが、

極めて重要な「観察」を怠ってはなりません。

次の課題は、育成牛です。

がんばりましょう!

ライズコンサルティングオフィス

酪農経営コンサルタント 加藤隆

2012年6月 4日 (月)

顧問先牧場 T牧場

◆ T 牧場 (釧路地域)3

 個体乳量 9,800kg → 10,390kg

 搾乳頭数 35頭 → 40頭

 共に歩んできた成果です。

 (直近の乳検データーから抜粋)

 牛も人も成長しています。

  ↓

Img_0209

 グラス主体 (春~秋、昼夜放牧)

 乳脂肪  4.00%

 乳蛋白  3.50%

 無脂固形 8.90%

 体細胞数 9万32

 ※コメント

 昼夜の放牧を取り入れながら、

 高乳量で搾る牧場です。

 飼養頭数を減らしたことで、

 乳量アップに成功しました。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

顧問先牧場 O牧場

◆ O 牧場 (中標津地域)7

 個体乳量 9,800kg → 10,521kg

  ↓

 共に歩んだ成果です(直近の乳検データーより抜粋)

 搾乳頭数もほぼ倍になりました。

 がんばった結果です。

Img_0208

 搾乳頭数 62頭 → 100頭

 グラスサイレージ主体。

 乳脂肪 4.27%

 乳蛋白 3.31%

 無脂固形 8.79%

 体細胞数 8万

 ※コメント

 「牛を絶対にだめにしない」を目標にしている牧場です。

 乳量をもう少し伸ばし、個体販売を増やす予定。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

2012年5月15日 (火)

ここにいるよ!

Cimg7851

一昨日、放牧地で、こんなものを見つけてしまって、

どうしてるか、気を揉んでいるます。

実は、この草地に、ヒバリの巣があるのです。

「ここ、ここっ!」って言ってもわからないと思うので、

画像を拡大しますが、ほらね、いるでしょ。

ハッチングして間もない産毛さん2羽と、卵1個。

いやぁ、どうすることもできないよね。

見守るだけだよね。

無事に過ごせてるかな?

Cimg7836

今夜は、雨なんだよね。

濡れてないかな。

牛に踏まれてないかな。

キツネやカラスに取られてないかな。

こうして守ってるんだろうなぁ。

でも、心配だなぁ。

Cimg7849

2012年4月11日 (水)

1軒空きができます(一部加筆しました)

4月に入っても、なかなか進まぬ雪融けでしたが、

ようやくですが、進展を見せてきましたね。

このような風景が広がるのが、とても待ち遠しいです。

Ca3i0030

さて、

今月、私のコンサル受け持ちに、1軒余裕ができますので、

コンサルティングを受けたいと思う牧場を、募集します

特に、締切期限は設けませんが、

応募があった時点で、締め切らせていただきます。

なにとぞ、その主旨、ご理解いただけると助かります。

以下、コンサルティングに興味ある方へのメッセージです。

---------------------------------------------------------------

もし、あなたの牧場を、私が受け持ったらと仮定しての話ですが、

私は、コンサル成功のために、あなたの牧場経営を、

深部まで熟知しなければなりません。

そのために、乳量、乳成分、粗飼料成分、収穫方法、購入粗飼料、

土壌養分、草地、牛自体、経営内容、

そして、あなたの経営のスタイルとライフスタイル、

さらには、あなたの描く、未来像など、

それらを知るために、コンサル導入直後から暫くは、

それらの調査と聞取り、集計、統計に多くの時間を割いていきます。

ですから、もし、私のほうで、不明な箇所があれば、

定期訪問以外に、早朝の訪問、または、搾乳中の訪問、

または、突然の訪問などがあるかと思いますが、

それらを嫌がられてしまうと、コンサルが進まず成功しません。

あなたの牧場に第3者が入り、調査し、改善処方を進めていくのですが、

それを嫌がられてしまうと、まったくもって立ち往生となり進みません。

そんなことがあるものですから、

コンサルの導入前に、私、加藤隆は、どんな人間なのかを知ってもらうために、

数回面談を繰り返します。遠方の方の場合は、メールや電話を活用し、

やりとりを繰り返します。

そこには、可能なら、家族の方にも入って頂き、

加藤はどんな人間なのかを見極めてもらおうとの思いがあります。

そうすることで、加藤は、強引にコンサルを展開するのか、どうなのか、

それらがわかり、安心してその後のコンサルを受けてもらうことができます。

そのようなこちら側の主旨を理解いただけると、非常に助かります。

--------------------------------------------------------------

☑ コンサル導入牧場の様子は、こちらで見ることができます。 ⇒ 

   ⇒ http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/cat22251134/index.html

☑ 酪農経営コンサルの内容や料金など、詳しくお知りになりたい方は、

  メールまたは電話でお問い合せ下さい。

  メールおよび電話番号は、私のプロフィールに画面を進んでいただけると、

  確認できます。

  そのようなことで、一生懸命なあなたを、心よりお待ちしております。

  酪農経営コンサルタント

  ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆

  4月11日(水)

  酪農応援隊より

2012年3月22日 (木)

ニュージーランド滞在の報告

なぜニュージーランドに行って搾乳をしてきたのか?

これからも特定の指導者から酪農技術などの指導を受けて行こうと思っている生産者。

これからも教育・指導していこうと思っている教育者の方々に、

その理由を知ってもらいたいと思っています。

片手落ちの情報では、現場は戸惑うこと多々です。

情報提供者は、しっかりとした情報を出していかなければなりません。

その理由が冒頭で読み取れます。

(写真は後半で掲載しています)

-------------------------------------------------------------------------

ニュージーランド(NZ)酪農については、

NZや日本の数多くの方々が、その詳細をこれまでに紹介してくれています。

おかげでNZの知識は様々な文献や書籍で得ることができました。

もちろん、私もその中のひとりです。

ですから、NZについて、今更ながらという人は、少なくないと思います。

しかしです、それなのに、なぜわざわざNZに出向いたのかには理由があります。

それは、数年前に参加していた畜産学会での昼休みでの出来事が、

今回のNZでの行動へと働きかけたのです。

そのきっかけとは、

ある学会会場で、某国立大学の先生が自校の学生を相手に、

NZ酪農の素晴らしさを声高に語っているのが耳に入ってきました。

聞く気ではなかったのですが、あまりにも声が大きいので、

しばし身を任せというか、その語りに耳を任せていると、

「NZの1日1回搾乳はとてもシンプルで素晴らしい」

「NZのスウィングパーラーはシンプルで素晴らしい」

「NZは牛舎がない、本当に低コストだ」 など、絶賛する言葉が並ぶのですが、

ずっとそれを聞いているうちに、私の中で「ある疑念」が湧いてきました。

それは・・・、

「この先生は、NZで搾ったことがあるのだろうか?」

「この先生は、NZで牛を触ったことがあるのだろうか?」

もし、自身で体験せずに見たことだけ聞いたことだけの話を、

私たちはずっと聞かされ感化されてきたとするなら、

それは教育者・指導者としては、とても大きな片手落ちではないのか?

そう強く思ったのです。

だからこそ今回、たった2日ではあるけれど、

スウィングパーラーで搾乳をし、牛をハンドリングし、掃除をし、

放牧地を歩き回り、NZの酪農家と行動を共にしました。

本来であるなら、ある程度の長期の実習が必要なのでしょうが、

日本においての仕事や生活の制約がある以上、今は物理的に無理です。

「12ヶ月、NZで経験積んで日本に帰ったらどうだ?」

そう、NZの酪農家からも提案を受けましたが、

なかなかそれを実現するには、クリアしなければならないことが多々あります。

そのようなことで、前置きが長くなりましたが、

なぜ、NZに行って搾乳をしてきたのか?

それを理解してもらいながら、以下の写真を見てもらえると、

ここで紹介した甲斐があります。

では、以下、NZでの写真を掲載します。

Img_0103

体高130センチほどの搾乳牛

Img_0102

乳脂肪・乳蛋白率を高くするための交雑。

Cimg7461

ヘリングボーンパーラー 24頭ダブル

Img_0093_2

午前6時、1日1回搾乳の開始、あたりはまだ真っ暗。

Cimg7544

装着時の様子。

Cimg7456

搾乳を終え、牛自らパドックへ(午前7時過ぎ)

Img_0106

集乳レシート。

Cimg7553

バルクタンク室。その裏がパーラーに。

Cimg7502

長い道のり(牛道)

Cimg7492_2

Cimg7535

月曜日に1週間の放牧地のローテーションを決める。

Cimg7523_2

放牧地の様子。

Cimg7509

15cm四方を5cmほど掘り起こすと、ミミズがうじゃうじゃ。

ただ、ミミズの多い放牧地と少ない放牧地がある。

Cimg7511

ミミズを数えてみる。

Cimg7512

よく張りめぐった根。

Cimg7498

バンカーサイロ(冬季用、コーンサイレージ)

Cimg7574

育成牛。

Cimg7576

フォンテラの集荷ローリー。

Cimg7605

5泊させてもらったNZご夫妻、お世話になりました。

Cimg7475

滞在中の私の部屋。

Img_0087

滞在中は、素晴らしい晴天に恵まれる。

以上、

ライズコンサルティングオフィス

酪農経営コンサルタント 加藤隆

■追記として、お断り

Web上での情報は、一般向けとなり舌っ足らずの感がありますが、

何とぞ、お許しください。詳細細部は筆者と契約いただいている牧場へ

報告させてもらうことにしております。

いち牧場経営者と契約を結ぶプライベートなコンサルティング業務故、

弊社の趣旨として、ご理解いただけると助かります。

2012年3月 2日 (金)

ニュージーランドへ

3月4日(日) 日本を出ます。

6年前、カナダで1週間滞在して以来、

少し間があき過ぎましたが、海外で勉強してきます。

今回の向かう先は、あのTPP加盟国、 ニュージーランドです。

5日朝にオークランド国際空港に降り、レンタカーを借りたあと、

オークランド市の北西に向かい、NZ人夫妻のもとで、10日まで滞在します。

そこを拠点に北島の酪農家を訪問して歩く予定です。

随行者はおりません、今回も単独の出張です。

だいぶ錆び付いた英語を砥石で研ぎながらの仕事になるので、

けっこう難儀するかもしれません。

訛りも強いと聞いているので、しっかり聞き取れるかどうか、

多少不安ですが、まっ、なんとかなるでしょう。

2006年のカナダのあと、デンマークとカナダの渡航を計画しましたが、

出発直前で、家族の体調等の都合でキャンセルしていたので、

今回は、とりあえず、出発2日前では今のところ何もなしです。

明日、何ごともなければ、無事に旅立つことができます。

コンサルタントとして私を頼ってついて来てくれているコンサル先の酪農家に、

しっかりとした未来を描いてもらわなければなりません。

まずは私が、井の中から飛び出して、その先を示さなければなりません。

今回も当然、牛三昧の旅ですが、がんばってきます。

詳しい出張の内容は、コンサル先に報告するつもりですので、

申し訳ないですが、

このブログでは、写真を投稿しながらの簡単な報告になると思います。

ツイッター(酪農応援隊加藤隆)では、ブログより頻度は増しますが、

同じように簡単な投稿となると思います。

もしよければ、覗いてみてください。

ニュージーランドは現在夏時間で、日本との時差は4時間です。

もちろん、ニュージーランドのほうが、4時間早いのですよ。

では、とりあえず、次のアップロードは、5日以降、

もしくは、帰国後になると思います。

それでは、のちほど。

酪農経営コンサルタント

ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆

2012年2月 4日 (土)

しんどいけど、成果出してもらうために。

7:27am 車中で少し休憩、そしてブログのアップを。

今は音更から約200km離れた、とある牧場に来ています。

夕べというか深夜、この町に来ました。

約3時間ほどの車中睡眠で、5時に牧場に入り、

ひと通り、確認しておきたい箇所を計測したり記録したりしてきました。

ほんとは、夕べもう少し早くこの町に入る予定でしたが、

知人の通夜に出たためで、それを終えてから200km車を走らせました。

少々しんどいのですが、先延ばしすると、また次の予定が入るため、

やむを得ずの強行訪問コンサルです。

早朝の訪問は、仕事の邪魔をしてはいけませんので、

挨拶だけ済ませ、淡々と予定していた事柄をこなしていきます。

現場と私の見解のズレを修正するためです。

誤解はないか、こちらの意図は伝わっているか、

こちらの予想するどおりの成果が出ているか、

それらにもしも疑問があれば、昼夜問わず現場に入るのが、

私のスタイルというか、なんというかわかりませんが、

今の私が持つ技量では、この手法が必要なのだと考えています。

そんなことで、1日も早く目標の成果までたどり着いてもらわなければなりません。

これが私の役目です。

Cimg7414

5:15amの牛舎の様子

Cimg7420

バンカーサイロ上の積雪は、1m以上。

Cimg7417

2012年2月 2日 (木)

さらなる飛躍を期待する。

「赤字額が、去年の3分の1に減りました」

そう言ってくれた牧場がある。

まだ紛れもない赤字なのだが、額が減ったことが嬉しかったのだという。

乳量が増えて収入も増えたことがその要因だが、

なにか、一縷の光が見えたような、そんな爽快な感覚だったのだろうか、

とても明るいコメントで、頑張った甲斐があったといった感じだった。

農業の使命というものを大局で考えたなら、

それは、国民のために継続できる産業でなければならない。

しかし、一個人として農業をとらえたとき、それは、生活の基盤となる。

つまり、その家族が暮らしていけるだけの利益を得ることができていれば、

その役目を果たしたことになる。

そのために、一家の主(あるじ)は稼ぐのだが、

現実は、稼げている牧場と、そうではない牧場がある。

皆が儲かってほしいと願うものの、そうはなっていない。

では、どうして皆が同じような結果にならないのだろうか?

いろいろ理由はあるのだろう、挙げればきりがないだろう、

だが、1つだけ言えることは、

稼げている牧場には、稼げている理由があるのだ。

農閑期に、集団で牧場視察などのイベントを入れるが、

それでは、稼げている理由は聞き出せない。

本当にそれを知りたいのであれば、

一人で訪ね、真摯に向き合い、教えを乞うのである。

そこの牧場で働く人たちは何をしているのか?

特に変わったことはしてないと、彼らは口を揃えるが、

けっしてそんなことはない、そこには必ず外せないコツがある。

一人で訪ね、教えを乞うのを、もしためらうのであれば、

それも仕方ない、そこでビジネスチャンスを逸しているのだから。

それでも、なんとか知る方法がないかと思うのなら、

その牧場をよく知る人に、聞いてみるといい。

そこに何年も出入りし、昼夜問わず、隅々まで知っている人から、

話を聞くといいだろう。

1年を通してその牧場は何をしているのか?

それを聞いて分析するといい。

そこには必ず稼げるポイントがいくつもあるはずだ。

今後のさらなる飛躍を期待する。

ライズコンサルティングオフィス

酪農経営コンサルタント 加藤隆

2012年1月 5日 (木)

魅力ある酪農経営に向けて!

新年あけましておめでとうございます。

「この世はまるでモンスターだ」 そうあらためて思った昨年1年でもあった気がします。

自然災害、政治、経済など、私たちは常に外的要因を受けながら生きているものだと、

再自覚させられ、それに憂い嘆き、ときには絆(ほだ)され、でもそれも人生なのだと、

思ってみたりもしています。

すべてが思い描いたように進むことは稀で、多くは難を乗り越えながら進んでいく

のだと思うのです。ただ、せっかく前進するのですから、楽しく邁進したいですね。

目的・目標を持って、自分が思い描いたゴールに、けっして諦めることなく

辿り着きたいと強く思うのです。

諦めるような目標は、のっけから大した目標ではないのです。

まことの目標は、きっと、諦めきれないものだと思うのです。

すでに、新しい年に変わり、またひとつひとつ積み重ねが始まりました。

また同じ生活の始まりですが、心は新鮮に、自分の目標に向かい、

それを達成するために1歩1歩いきましょう。

さて、自宅で迎えた私の新年は、外気温マイナス16℃の厳寒の元日、

初日の出を待ち、なんとか、ご来光を拝むことができました。

Ca3i0069 

そして、施設でお世話になる父を訪れ、

76歳の父の誕生日を祝い、写真を撮り、私の1年の始まりです。

Ca3i0072

さっ、本年も、酪農経営コンサルタントとして、

専門技術、経営管理、そして精神面での支えとして、

サポートしていきたいと心から思っています。

ぜひ、良い年にしましょう!

素晴らしい魅力ある酪農経営に向けてがんばりましょう!

ライズコンサルティングオフィス

酪農経営コンサルタント 加藤隆

2011年12月 5日 (月)

酪農ジャーナルへ寄稿

酪農ジャーナル2011年12月号へ寄稿しています。

Ca3i0051_2

12月5日付 日本農業新聞1面広告より

酪農応援隊 加藤隆

2011年12月 4日 (日)

避けては通れない「波」

幸か不幸か、私たちは何ごとにおいても再構築が必要な時代に生まれたようだ。

ただ、それを覚悟できた時、うろたえず果敢に前を向いて生きていける。

そのためには、人生のサイクルのようなものを理解しておくといいだろう。

それを書いてみたい。

物事には必ずある一定のサイクルが存在している。

わかりやすい身近なもので例えるなら、景気がそれにあたる。

好不況を繰り返す経済、それがサイクルである。

サイクルは、景気だけのものではない。

私たちの回りにある「物品」も、ある一定のサイクルを持って世代をつないでいる。

化石燃料、車、電話、パソコン、衣服、髪型など、

私たちの生活に革命的に出現し体を変え、その役目を終えていくものもある。

生活に密着し、なくてはならない存在となるものもある。

実に移り変わりの早い激しい競争の中にあるのだと、改めて思うのである。

そして、私たちが今生きているこの時代も、

数百年も前からの遠い過去から、ある一定のサイクルを持ち、

時代が移り変わってきているのだということもわかってきている。

まさに歴史として時代が変遷しているのだが、

今はまさに再構築が必要な時代だということが、

認めたくはないが、我々の役目なのだと実感できるようになってきた。

こと、その再構築も、我々が携わる酪農にも必要なのだと考えている。

単に、農家戸数が減少するだけの再構築ではない。

酪農の営み方を再構築することが、今の我々の仕事だと思う。

再構築しなければならない課題は大きく3つある。

1.人の食料にできる穀物を牛に与えている酪農産業。

2.限りある化石燃料を必須としている酪農産業。

3.財政が逼迫している日本国から補助金をもらい続けている酪農産業。

これらは酪農に従事している我々としては、

是が非でも乗り越えなければならない、とても大きな課題なのであるが、

その壁をよじ登るのは容易ではない。

一朝一夕でできるものではなく、知恵と勇気が必要な課題である。

我々の叡智を集結し、何が何でも乗り越えたい。

我々が生産した「牛乳」が人々から必要とされ続けるためには、

社会に貢献している姿勢と、

魅力ある「牛乳」を生産することである。

「あの牧場の牛乳がほしい」と人々から言ってもらうためには、

まだまだやるべき事は多い。

経済の自由化は時代の潮流であり、

酪農業の再構築も時代の潮流である。

避けては通れない「波」であるということだけは間違いない。

そう強く思う。

酪農応援隊 加藤隆

«コンサルタントを始めた理由