« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月11日 (水)

1軒空きができます(一部加筆しました)

4月に入っても、なかなか進まぬ雪融けでしたが、

ようやくですが、進展を見せてきましたね。

このような風景が広がるのが、とても待ち遠しいです。

Ca3i0030

さて、

今月、私のコンサル受け持ちに、1軒余裕ができますので、

コンサルティングを受けたいと思う牧場を、募集します

特に、締切期限は設けませんが、

応募があった時点で、締め切らせていただきます。

なにとぞ、その主旨、ご理解いただけると助かります。

以下、コンサルティングに興味ある方へのメッセージです。

---------------------------------------------------------------

もし、あなたの牧場を、私が受け持ったらと仮定しての話ですが、

私は、コンサル成功のために、あなたの牧場経営を、

深部まで熟知しなければなりません。

そのために、乳量、乳成分、粗飼料成分、収穫方法、購入粗飼料、

土壌養分、草地、牛自体、経営内容、

そして、あなたの経営のスタイルとライフスタイル、

さらには、あなたの描く、未来像など、

それらを知るために、コンサル導入直後から暫くは、

それらの調査と聞取り、集計、統計に多くの時間を割いていきます。

ですから、もし、私のほうで、不明な箇所があれば、

定期訪問以外に、早朝の訪問、または、搾乳中の訪問、

または、突然の訪問などがあるかと思いますが、

それらを嫌がられてしまうと、コンサルが進まず成功しません。

あなたの牧場に第3者が入り、調査し、改善処方を進めていくのですが、

それを嫌がられてしまうと、まったくもって立ち往生となり進みません。

そんなことがあるものですから、

コンサルの導入前に、私、加藤隆は、どんな人間なのかを知ってもらうために、

数回面談を繰り返します。遠方の方の場合は、メールや電話を活用し、

やりとりを繰り返します。

そこには、可能なら、家族の方にも入って頂き、

加藤はどんな人間なのかを見極めてもらおうとの思いがあります。

そうすることで、加藤は、強引にコンサルを展開するのか、どうなのか、

それらがわかり、安心してその後のコンサルを受けてもらうことができます。

そのようなこちら側の主旨を理解いただけると、非常に助かります。

--------------------------------------------------------------

☑ コンサル導入牧場の様子は、こちらで見ることができます。 ⇒ 

   ⇒ http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/cat22251134/index.html

☑ 酪農経営コンサルの内容や料金など、詳しくお知りになりたい方は、

  メールまたは電話でお問い合せ下さい。

  メールおよび電話番号は、私のプロフィールに画面を進んでいただけると、

  確認できます。

  そのようなことで、一生懸命なあなたを、心よりお待ちしております。

  酪農経営コンサルタント

  ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆

  4月11日(水)

  酪農応援隊より