今日の出来事

2012年5月15日 (火)

ここにいるよ!

Cimg7851

一昨日、放牧地で、こんなものを見つけてしまって、

どうしてるか、気を揉んでいるます。

実は、この草地に、ヒバリの巣があるのです。

「ここ、ここっ!」って言ってもわからないと思うので、

画像を拡大しますが、ほらね、いるでしょ。

ハッチングして間もない産毛さん2羽と、卵1個。

いやぁ、どうすることもできないよね。

見守るだけだよね。

無事に過ごせてるかな?

Cimg7836

今夜は、雨なんだよね。

濡れてないかな。

牛に踏まれてないかな。

キツネやカラスに取られてないかな。

こうして守ってるんだろうなぁ。

でも、心配だなぁ。

Cimg7849

2011年10月18日 (火)

私たち仲良し!

Ca3i00441

酪農応援隊 加藤隆

今年最後のサンプリングかな。

強風の中、しかも冷たい風で、鼻水たらしながら、

(きたないね、ごめん)

今日は、3番刈り前のサンプリング作業でした。

Cimg7268

Cimg7275

新しくコンサル受け持つとデーター集めをしなくてはならないので、

けっこう、こんな地味な作業に時間がかかります。

データーの蓄積は、大変です。

7月から見始めた牧場ですが、

あとは厳寒期の様子を集められれば、

今後の助言に役立ちます。

まだ数ヶ月、きめ細かく見ていかなければなりません。

酪農応援隊 加藤隆

2011年9月 9日 (金)

朝の仕事

「言うのは簡単だけどね、実践することは難しいよ」

そう、どなたか言っていたし、どこかで読んだ記憶もあるが、

まさに私の仕事は、いかに実践してもらうかが仕事の大部分を占める。

だから新規で受け持ったコンサル先には、非常に神経を使う。

私の言ったことがその通りになれば、次のコンサルの展開が極めて進めやすくなる。

しかし、そうならなければ、たとえどんな簡単なことでも進みづらくなることもある。

そんなことから、コンサルの開始間際は非常に重要なのだ。

だから、現場で不明な点があれば調べるために朝駆けをすることもある。

実は今朝もそれをしてきた。

午前3時50分に起床。今時期の4時は暗い。

身支度をし車を走らせる。

ぼーっとした頭をたたき起こすのに、

冷たいお茶と冷たいコーヒーを空腹の胃に流し込み

(胃に悪そうだが…)

「さっ、しゃきっとしよう」と気合を入れて現場に着く。

戦闘開始。

牛を見て謎を解く。

「あっ、そうだよな、やっぱ予想通り」

そんなひとりごとを言いながら、牧場をあとにした。

時計は6時半。

「ぐぅ…っ」とお腹がなり、アクセルを踏む。

とりあえず、今日の1つめの仕事は終わった。

私の朝の仕事より。

日の出前 ↓

Ca3i0022

十勝の道路 ↓

Ca3i0023

朝日と牛たち ↓

Cimg7236

2011年7月25日 (月)

土、草、濃厚飼料、そして牛の7月

しばらく振りの更新です。

6月中旬あたりから牧草の収穫が始まって、

そして、7月もその関連の仕事で終始。

毎年ですが、あちこち走りまわる季節をなんとか終えました。

今日は何枚か画像を添付しておきます。

牛の栄養は、土、草、濃厚飼料など口に入る物はすべて、

自分の目で現物を見て化学的なデータと合わせて、

飼料設計(計算)するといいでしょう。

ペラ一枚の分析データだけで合わせてもうまくいきません。

かりにうまく行ったとしてもその場だけです。

根本がよくならない限り、いつまでたっても堂々巡り。

Cimg7160_2

収穫牧草のサンプリング、そして分析。

自分の目で見て触れて、その年の出来栄えを感じ取る。

Cimg7162

収穫後の再生状況の確認。

草地にムラがあり勢いがありません。

Cimg7134

放牧地のいろいろな推定作業。

これをせずに栄養の把握はできません。

もちろん、飼料計算も成り立ちません。

Cimg7159

栄養バランスが整ってると、牛はつやつやピカピカ。

コンディションもアンダーとならず最適に。

見ていても美しい。

Cimg7144 

飼料計算したなら今度は出たものも見なきゃ。

Cimg7127

上(草)を分析する人は多い。

下(土)を分析する人は少ない。

2011年5月26日 (木)

見違えるほどに。

コンサル先のTO牧場、がんばりました。

見違えるほど、牛がきれいになりました。

Before After の画像載せておきます。

よくやったね、お疲れさん。

Before ↓

Cimg0188

After ↓

Cimg7061

酪農応援隊 加藤隆

2011年5月19日 (木)

道東の春と牛さんたち。

昨日(5/18)、コンサル訪問で根室まで行ってきました。

「こっちは寒くてねぇ」

「草、伸びんわぁ」 とSさん。

今年は昨年同様、寒い5月。

根室だけではないようです。

放牧は、もう少し草が伸びてからになるかな。

放牧地に牛はまだいないけど、

代わりにラブちゃんが私のお供を↓

Ca3i000200010002

冬の間、ずっと舎飼いだったので、牛もストレス溜まってますね。

青草の匂いがするので、なんだかそわそわ感。

Sさんとこは、今、平均29kgで、まあまあです。

ただ、ここんとこ、2頭ばかりケトーシスが出て。

原因はわかったので、対策中ですが、

総じて、牛さんはいい状態です。

あとは、外へ出るだけですね。

Ca3i00040002

鶴居村のコンサル先では、(↑の画像)

5月上旬から放牧地に牛を出していますが、

草が伸びたので一昨日から違う牧区に牛を出したとのことです。

新鮮な青草をハムハムと。

牛さんの吐く息がほのかに「ちょっと臭っ」って、ハハッ。

今は、平均35kgくらい出てるし、乳房炎もないとこと、順調です。

デントコーンの播種も始まったようで。

道東も春から初夏モードに変わりつつあるかな。

酪農応援隊 加藤隆

2011年2月18日 (金)

ふらふらフラフラしてる。

自分のやりたいことが決まってないから、

ふらふらフラフラしてる。

誰かに諭されれば、そうだよなぁ。

また誰かの話を聞けば、そうだよなぁ。

あっちに手をつけ、こっちに手をつけ。

がんと一本、しっかりしたものが芯にない。

本当に何をしたいか、腹をくくるものがない。

年齢のせいか?

そう思いたい。

酪農応援隊 加藤隆

2011年2月17日 (木)

早く発見できてよかったのだけれど・・・。

今日、その法人を訪問してきたのだけれど、

産褥熱(体温40度)と跛行2頭(DD、フレグ)を、私が見つけてしまった。

従業員には見えていたのか、見えていなかったのか、

今日の段階ではわからないが、

やはり、これではダメだ。

責任者は、「みつけてくれて助かりました」

といいつつも、複雑な思いが伺える。

なんとか、ひとつひとつ、進むしかないな。

勉強会などを取り入れながら。

酪農応援隊 加藤隆

2011年1月15日 (土)

ただ今、牧場訪問中。

ただいま、コンサル先訪問中、

来週の水曜日には終える予定です。

その後、新規コンサル募集のアナウンスをと思っています。

顧客向けニュースレターの執筆も残っているので、

そちらもこなさなくては。

晴天が多い道東、でも牛舎まわりは雪と氷でガリガリです。

Cimg2631

ダム湖も、すでに結氷。

Cimg2629  

しかし、牛舎内は、けっこうあったか。

Cimg2642  

敷きわらも、たっぷりで、ふかふかあったか。

おかげで牛もきれい!

猫も快適!

Cimg2671

で、本日、無病息災を。

Cimg6834

酪農応援隊 加藤隆

より以前の記事一覧