経営者

2011年9月28日 (水)

横柄な態度に気づかぬ不幸

自分中心の仕事を長年続けている人は、

特に、注意を払い願いたい。

誰もとがめる人を得ぬ人は、損をしてることに気づいてほしい。

辟易するほどの横柄な態度は、見ていて実に悲しい。

早う我に帰れと心のなかで叫ぶ。

聞く耳持つかな、この人は。

2011年1月21日 (金)

努力の方向と成果

一生懸命がんばってきたつもりだけど、結果を見て愕然、、、

経営者として、だめだぁ、と、そんなメールが寄せられた。

昨年を省みて、落胆…。

だが、そういうことは、よくある。

私もそうだ。

成功させようとがんばっていたのだが、

期待通りの結果がでないとき、同じように落胆する。

でも、落胆していて物事がうまくいくわけがないから、

すぐ気持ちを切り替えて、次に向かっていくのだが、

なぜ、うまくいかなかったのか?

という問いかけは、反省として必要だが、

その追求はかえって自信喪失につながること暫し。

だから、その問いかけを途中でやめて、

自分自身への質問を変えてみることも重要。

「自分はどうやったら、うまくやれるのだろうか?」

と、質問を変えてみると、先が見えてくる。

それから、

元来、目標とは大きく立てるもので、

よし、日本一になるぞ!とか、そういう目標を立てるのだが、

それだけでは、なかなかうまくいかない。

願望としては重要だが、

成功させるためには、その大きな目標を細分化しなきゃ、

日々の行動目標も決まらない。

目標生産乳量を365トンを定めたなら、日割りでは1トン。

日量25kg/頭を目標とし、エサ代をセットしたなら、

1日に必要な出荷頭数は40頭。

乳房炎で損失もいるから、最低43頭の出荷頭数が必須。

こういうこと誰もがやっているのだろうけど、

目標を達成できていない人たちにとっては、

やはり、欠けている。

バタバタ毎日忙しく駆け回って、心身くたくた。

それでも結果がついてこないのであれば、

なにか努力の方向が違うはず。

物事には原因と結果が必ずあるのだから、

それに早く気づき事にあたることである。

がんばれっ!

酪農応援隊 加藤隆

2010年8月12日 (木)

雨は、絶好のチャンス

外仕事のできない雨の日は、

いろいろと思案する絶好のチャンス。

大忙しだった状態から、ちょっと開放させてもらえる。

30分でもいいから、静かなところにちょっとだけ篭(こも)って、

A4のコピー用紙1枚とペンを持って、

そっと心を落ち着ける。

今までの反省、

これからの計画、

近い将来のこと、

ちょっと遠い将来のこと、

思い浮かべながら、

どうしたら、自分の思い描く人生に近づけるだろうか?

どうしたら、自分の思い描く農場の姿に近づけるだろうか?

そんなことを考えて、

とにかく思いついたことを紙に書く。

文字、絵、記号、

思いを紙の上に表現してみる。

そうすると、思考が少しだけ形になる。

ぼやけていた目標が明確になってくる。

雨の日は、そんな効果がある。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2009年8月13日 (木)

反骨心

悔しい出来事が人をもう一回り成長させる。

「反骨心」をあおるのも、

私の仕事のうちのひとつなんだろうなぁ。

酪農応援隊ブログ

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

変な言い訳

「農協が○○してくれたら…、もっとできるのに」

「どこどこが○○してくれたら…、拡大できるのに」

なんて変な言い訳をしてる輩、

みっともないぞ。

酪農応援隊ブログ

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2009年6月 4日 (木)

ふらふらしてる。

「やばい、人に流されてるなぁ~」

「自分のしたいことが決まっていない・・・」

こんなことを言って、

自分が、ふらふらしてることを反省してる人がいたなぁ。

こうやって、自分で気づける人になってほしいなぁ。

気づける人、

気づかされる人、

気づかない人、

俺はどうだろうなぁ、3つとも、あてはまるかも。

気づける人で、ありたいなぁ。

酪農応援隊ブログ

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2009年2月26日 (木)

もう少し我慢できるように。

育ってきた環境など、いろんな要素があるなぁ。

もう少し我慢できるように、なってほしいなぁ。

もう少し辛抱できるように、なってほしいなぁ。

人にも物にも、

もう少し辛抱できるように、なってほしいなぁ。

なかなか難しいなぁ。

酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2009年2月23日 (月)

絶対に、うまくいかない。

「うまくいくのかなぁ」 が口癖の人、

「そう簡単にできないよ」 が口癖の人、

「借金なんてなくならない」 が口癖の人、

「もう倒産だな」 が口癖の人、

「どうなっちゃうのこれから先」 が口癖の人、

いるなぁ、こういう人、少なくないなぁ。

口に出しているうちは、ぜったい、うまくいかない。

早く気づいてほしいなぁ。

酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2008年3月21日 (金)

経営者の思いが現れる牧場の姿

きれいな牧場、あまりきれいじゃない牧場、

成績のいい牧場、そうではない牧場、

余裕のある牧場、そうではない牧場、

大きい牧場、小さい牧場、

いろいろな牧場があるのだけれど、

それはみんな、経営者の「考え方」「技量」など、

それらの現われなんですよね。

経営者の考え方が変われば、

牧場の姿が、変わるんですよね。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

2006年9月27日 (水)

丹羽宇一郎さん

その時の年齢、時代時代で、興味のあり方、

視点の向け方が違う。

私の場合で申し訳ないが、この2、3年、

丹羽宇一郎さんのこれまでの生き方、哲学、思想が気になる。

丹羽さんは、低迷にあえぐ伊藤忠商事を立て直した方であり、

現在は、伊藤忠商事の会長を務める方だが、

その明快な語り口わかりやすい文章で引きつけられてしまった。

今朝の読売新聞を見ると、

安倍新政権に望むことと題し、丹羽さんがここでも、

一貫した語り口で、私たちに示してくれている。

最近、御手洗冨士夫さんとの対談が本となり出版されている。

これもとても勉強になり、おもしろかったが、

「人は仕事で磨かれる」

という丹羽さんの著書は、これまたとても明快だ。

いつかはお会いしてみたいと思ううちの一人だが、

どうやったら会えるだろう?

是非、お会いしたい。

Written by 酪農応援隊 加藤隆