酪農応援隊からのお知らせ

2012年4月11日 (水)

1軒空きができます(一部加筆しました)

4月に入っても、なかなか進まぬ雪融けでしたが、

ようやくですが、進展を見せてきましたね。

このような風景が広がるのが、とても待ち遠しいです。

Ca3i0030

さて、

今月、私のコンサル受け持ちに、1軒余裕ができますので、

コンサルティングを受けたいと思う牧場を、募集します

特に、締切期限は設けませんが、

応募があった時点で、締め切らせていただきます。

なにとぞ、その主旨、ご理解いただけると助かります。

以下、コンサルティングに興味ある方へのメッセージです。

---------------------------------------------------------------

もし、あなたの牧場を、私が受け持ったらと仮定しての話ですが、

私は、コンサル成功のために、あなたの牧場経営を、

深部まで熟知しなければなりません。

そのために、乳量、乳成分、粗飼料成分、収穫方法、購入粗飼料、

土壌養分、草地、牛自体、経営内容、

そして、あなたの経営のスタイルとライフスタイル、

さらには、あなたの描く、未来像など、

それらを知るために、コンサル導入直後から暫くは、

それらの調査と聞取り、集計、統計に多くの時間を割いていきます。

ですから、もし、私のほうで、不明な箇所があれば、

定期訪問以外に、早朝の訪問、または、搾乳中の訪問、

または、突然の訪問などがあるかと思いますが、

それらを嫌がられてしまうと、コンサルが進まず成功しません。

あなたの牧場に第3者が入り、調査し、改善処方を進めていくのですが、

それを嫌がられてしまうと、まったくもって立ち往生となり進みません。

そんなことがあるものですから、

コンサルの導入前に、私、加藤隆は、どんな人間なのかを知ってもらうために、

数回面談を繰り返します。遠方の方の場合は、メールや電話を活用し、

やりとりを繰り返します。

そこには、可能なら、家族の方にも入って頂き、

加藤はどんな人間なのかを見極めてもらおうとの思いがあります。

そうすることで、加藤は、強引にコンサルを展開するのか、どうなのか、

それらがわかり、安心してその後のコンサルを受けてもらうことができます。

そのようなこちら側の主旨を理解いただけると、非常に助かります。

--------------------------------------------------------------

☑ コンサル導入牧場の様子は、こちらで見ることができます。 ⇒ 

   ⇒ http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/cat22251134/index.html

☑ 酪農経営コンサルの内容や料金など、詳しくお知りになりたい方は、

  メールまたは電話でお問い合せ下さい。

  メールおよび電話番号は、私のプロフィールに画面を進んでいただけると、

  確認できます。

  そのようなことで、一生懸命なあなたを、心よりお待ちしております。

  酪農経営コンサルタント

  ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆

  4月11日(水)

  酪農応援隊より

2011年12月 5日 (月)

酪農ジャーナルへ寄稿

酪農ジャーナル2011年12月号へ寄稿しています。

Ca3i0051_2

12月5日付 日本農業新聞1面広告より

酪農応援隊 加藤隆

2011年9月12日 (月)

差し上げます!

弊社が提供できる酪農コンサルティングとは?

パンフレットより1頁抜粋します。

エサ(栄養)のコンサルティングとは?

     ↓

「rco_pamphlet_nutrition.pdf」をダウンロード

全17頁のパンフレットにおいてコンサルティングの概要を示しています。

興味ある方には差し上げます。

住所等送付先お知らせください、郵送させてもらいますので。

連絡先アドレスは、RISECORP@nifty.com

(送信時には、RISECORPを半角にrisecorpと変換ください)

ライズコンサルティングオフィス(民間酪農指導事務所)

代表 加藤隆

2011年3月29日 (火)

新規コンサル先の募集

新規コンサル牧場を募集中です!

(地域は、問いません)

(募集期間、4月30日まで)

あなたの牧場の生活基盤安定のために、

次の経営展開を進めていくために

コンサルタント加藤隆を利活用ください。

詳しくは、下記で↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ どのようなコンサルティングなのか、その内容は、

  こちらです。⇒ http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/2011/02/post-602f.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ コンサルティング申込書 ⇒ http://form1.fc2.com/form/?id=634745

  仮の申込書となります。

  確認出来次第、追って、返信を差し上げます。

 (一度、加藤隆と面談などしてもらったあとで、正式なご契約となります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 酪農コンサルタント加藤隆のプロフィールは、

  こちらです。⇒ http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/about.html

■ 加藤隆が受け持つコンサル先牧場の一例は、

  こちらです。⇒http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/cat22251134/index.html

■ コンサルタントを始めた理由は、

  こちらです。⇒http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/2011/02/post-97d2.html

■ 新規コンサル先牧場の募集理由は

  こちらです。⇒http://rakuno-ouentai.air-nifty.com/blog/2011/02/post-a13d.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

必ず、成果を出すよう責任をもって仕事させていただきます。

まずは面談し、それから、正式なご契約となります。

近隣であれば面談に出向きますので、

お気軽に、お申し込みください。

酪農コンサルタント加藤隆は、どこの企業・団体にも属しておりません。

まったくもって中立でニュートラルな立ち位置で、

あなたをコンサルティングいたします。

まずは、お問い合わせください。

ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆

2011年2月18日 (金)

新規コンサル先牧場の募集理由

コンサルをもう少し引き受けてみようと考えています。

起業してから10年になりますが、

ひとりでやってきたこの事業は、

今後もこのままひとりでというわけにはいきません。

酪農業界は、確実にあらたなステージに入り、

牧場経営者としては、今まで以上の判断と決断が必要となるはずです。

そのような社会的状況が見えている中で、

これまでと同じ活動をしているわけにはいきません。

そんなことを考えると、もし、私の身に何かあったとしても、

現在の仕事が継続されていくようにしていくことが、

私の仕事のうちのひとつと考えています。

明日あさってに人員増というわけにはなりません。

雇用が先ではなく、事業成長がまず先ですから、雇用はそのあとです。

さて、私のコンサルタントとしての立ち位置は、

まったくもってニュートラルです。

どこかの企業や団体とのつながりのあるコンサルタントではありません。

なにかのしがらみがあるコンサルを展開する必要がありません。

企業や団体との恩義などを気にせず、

酪農家本位の活動ができると考えています。

良いものは良い、悪いものは悪いと、明言できる立場でもあります。

顧問先にとって最良な方法を指南することができます。

起業当初から目指していたコンサルとしての立ち位置です。

この10年で、全国で、約1万戸の酪農家がやめました。

そのうち、北海道では、約2,000戸の減です。

共同の法人経営へ移行した人もいるでしょうが、

その減少率は、計算したくもないほどの割合です。

誤解を与えるような発言はできませんが、

近年、酪農を専らとしている農協は、組合員の囲い込みに必死です。

営農指導員を再教育し、農家指導にあたらせています。 

ある団体組織なども、著名なコンサルタントを顧問として獲得し、

サービス充実の上での飼料販売の拡大に臨戦状態です。

そのような競争状態のなかで、ある意味、

私も生き残っていかなくてはならない、

そういう時代に入ってきたと言えるでしょう。

有料コンサルを展開する私たちのような存在は厳しい時代です。

しかし、それだからこそ、やりがいがあり、

切磋琢磨されていくのだと思っています。

安泰な世界では成長がありません。

農家側からしてみれば、質の高いサービスを受けられる環境になってきた、

そしてそれを、自分の経営に生かしていくことができるのですから、

とても歓迎すべきことではないかと思っています。

そのようなことで、私のコンサルタントとしてのもうひとつの立ち位置は、

たとえば、獣医師、普及員のみなさんのなかで、

飼料業界に籍をおいた、という人は少ないでしょうから、

私としては、業界の事情や流通飼料のそれぞれの特徴など、

これまで、あまり外には発信していない事柄をコンサルに加味して、

今後も酪農家と接していこうと考えています。

と同時に、

私も一家の主(あるじ)、経営者です。

経営者としての立場で、酪農家をサポートしていきます。

自分の仕事を今一度あらためなおしながら、

次の10年へのステップとしていきたいと思っています。

まずは、さらなる顧客の経営向上が私の使命です。

酪農応援隊 加藤隆

2010年12月30日 (木)

良い年に。

昨日、そして今日の午前と、

事務所の掃除、自宅の掃除、完璧にはいきませんが、

適当な感じで適当な掃除を終えました。

最近は減ったのかな、あまり見かけなくなりましたが、

しめ縄を飾って、終了。

そして、年度最後の仕事、

コンサル先へのFAX送信、これも済み、全終了。

今は、加藤実家でブログ更新しています。

明日は妹家族も集まり、宴会ですね。

毎年恒例です。

元旦は、初詣を済ませて、父がいる施設に行きます。

こっそりビールを持って行っていたのですが、

今年は飲めるかどうか…。

調子のいいときに、「焼酎飲むかい?」

というと、微笑むときがありますが、

日によって差があるので、どうかな。

元旦の夜は、嫁さんの実家に行きます。

2泊するのが恒例で、

畑作農家の義父と義弟は冬休みということもあって、

一緒にのんびり過ごしています。

2日の日は、たいてい初売りに出かけます。

こんな年末年始の過ごし方で、ほぼ変わりありません。

仕事面では、2010年はとても考えることがありました。

その兆しは2009年当たりから出ていたのですが、

今年は顕著になりました。

コンサルとして独立して10年経ちましたが、

次の展開に変えていかなければなりません。

それをどのように変えるかが、ぼや~っとしていたのですが、

今年明確になりました。

それを年明けに実行していこうと思っています。

親しい人たちには話をしていますが、

ここでそれを持ち出すのは、もう少し具体化してからにします。

それと同時に、自由貿易の流れが加速したこともあり、

コンサル自体もある考えの下で加速させなければなりません。

それを一緒に実行してくれる牧場と共にです。

様々な課題もあって、試行錯誤する2011年となりそうですが、

年明け落ち着いたら、コンサルのアナウンスをしたいと考えています。

具体的でなくて申し訳ないですが、

年明け、コンサルの募集を行う予定です。

このブログ上で示しますので、またそのときに。

では、今年1年もお付き合いいただき感謝しています。

また来年もよろしくお願いしますね。

では、良い年をお迎えください。

それでは。

酪農応援隊 加藤隆

2010年8月16日 (月)

Welcome Welcome !

ようこそ、酪農応援隊 がんばれ!日本の酪農へ

一生懸命なあなたに、がんばるあなたに、

情報発信、がんばっていきたいと思っています。

コンサルティング、がんばっていきたいと思っています。

思い出したときには、ここへ立ち寄ってみてください。

なにかヒントがあるかもしれません。

なにか気づきがあるかもしれません。

なにもないかもしれません。

そんな酪農応援隊ですが、

ぜひ、立ち寄ってみてください。

お待ちしております。

酪農応援隊 事務局 (酪農コンサルティング事務所)

ライズコンサルティングオフィス 代表 加藤隆 

2010年8月16日

2010年7月19日 (月)

乳房炎、繁殖など、困っているのなら…。

いつも酪農応援隊ブログへの訪問、ありがとうございます。

さて、酪農現場では、大小規模を問わず、

何かしらの問題があるものです。

もしも、なかなか解決できなくて困っているのであれば、

酪農応援隊まで、ご連絡ください。

たとえば、乳房炎。

乳房炎をなんとかしたくて、

ビタミン剤を変えてみたり、

ディッピング剤を変えてみたり、

配合飼料を減らしてみたり、

とりあえず、資材でなんとかならないかと、

心情的にいろいろ試みたくなりますが、

的を射ずに乱発するのは、時間がかかるだけで、

なにが原因だったのかが不明のまま終わってしまうことに、

その問題の主因があると思っています。

乳房炎には、主要な原因が必ず存在します。

それを系統立てて原因を探すことを生業としている者の、

力を借りてみることも、ひとつの手ではないかなと、思っています。

乳房炎は、単独の病気ではありません。

乳房炎を減らそうと取り組めば、

現場での疾病は、すべてにおいて、関連性があります。

その経営努力は、繁殖などの病気を減らすことにもつながるのです

もしも、それらに困っているようでしたら、

弊社まで、お問い合わせください。

解決までの道筋を、コーチ(指南)させてもらいます。

電話、メールなど、ご都合のよい方法でどうぞ。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2010年5月10日 (月)

口蹄疫災害募金

酪農応援隊からのお知らせ

口蹄疫災害募金について

◆宮崎県の酪農家が、

口蹄疫災害についての見舞金を呼びかけています。

どうか多くの皆様に呼びかけをお願いいたします。

「口蹄疫災害見舞金を募る会」の窓口は、

川南町のムッチー牧場。

webサイトは、http://green.ap.teacup.com/mutuo/

または、ムッチー牧場で検索を。

◆宮崎県庁でも、募金を受け付けているようです。

窓口のサイトは、http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

2009年12月30日 (水)

2010年も良い年にしましょう!

今年もいろいろあったなぁ、そんな印象の1年でした。

もやもやイライラしていた時期もあったなぁ、

そんな気持ちをブログに書いていた時もありました。

書いて気持ちがすっきりするというか、

そんな役目もブログにあるのかなぁ、

なんてあらためて思いました。

不思議ですよね、誰が見ているかわからないのに、

そこに、いろいろ書きこんでいるのですから。

そんなことで、新たな発見があったこの酪農応援隊ブログ、

また来年も更新していこうと思っていますので、

引き続きお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

ということで、年明けの再会を楽しみにしています。

良いお年を。

酪農応援隊ブログ

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆